スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 カテゴリ
 タグ
None

期待値にとことん拘る

frustration-1241534_640.jpg



こんにちはハチロウです。

1年半程前ですが、実家に帰り友達とパチスロを打ちに行きました。

当時は、まだまだ天井狙いでガッツリ稼げる時代でして、
その上、その店は天井近い台(期待値の高い)がゴロゴロ落ちているヌルイ店でした。

地方は、都内と比べて若い人も少なく、スロプーもほとんどいないので、
ハイエナし放題だなと改めて思いましたね。

こんなに状況がいいなら、しばらく東京に戻らずにハイエナしまくろうかな?と思ったくらいですw


まず、店の状況から、バジリスクとジャグラー以外ほとんど設定1だなと判断しました。

バジリスクとジャグラーの高設定は粘られていて空く気配もないので、いつも通りのハイエナ作戦を決行しました。

その話を友達にして、本人も共感していました。

その友達も期待値を理解していて、自分と同じようにスロプーをやっていた時期があったので何も言わずに
別々で立ち回っていました。

天井近い台を当たるまで打って、当たった後は即やめ→移動

これをひたすら繰り返す訳ですが、友達は一向に動こうとしない・・・・・。

見に行くと、当たった後も打ち続けている(T_T)

「なんで移動しないの?」と聞いたところ、「やめた後に出されたら嫌だから」とのことです。

そんなのは結果論であって、当然ながら先にわかることでないですよね?

やめた台が、例え設定6だっとしても、どうでもいいことです。

スロプー時代から、彼は期待値を理解していて勝ち方を知っているにも関わらずに、
大して勝っていなかったです。

「そういうことかー、期待値に拘りきれなかったから結果が優れなかったのか」と思いました。

こういう思考はマイナスでしかないので、皆無にしなければいけませんよね。

FXでもロスカットすべきと判断したレートでロスカット直後、順行していった時に
「切らなきゃよかったーー!」と思う人は期待値に拘れていない人、
「仕方ない」と思う人は期待値に拘れている人だと思います。


ただ期待値を理解するのではなく、
期待値を理解した上で、期待値にとことん拘る思考にもっていかないといけない!ということではないでしょうか。


お読み頂きありがとうございます。
この記事良かったという方、最後に応援クリックして頂けると嬉しいです!
(ブログ最新情報はこちら)↓


FXスキャルピング ブログランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ FX スキャルピング派へ
にほんブログ村

会員サイトを開設しております。

【血と汗と涙から立ち上がった期待値トレードプラン】
関連記事
 カテゴリ
 タグ
None
Copyright © 血と汗と涙から立ち上がったFX鉄のルール All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。